フラット35へ住宅ローン借り換えすると返済は楽になる?

フラット35への住宅ローン借換を行うことで、ローンの返済の負担を軽くすることができます。
フラット35への借換は、返済期間を延長したいときにとくに有効な借換です。
現在ではフラット35も住宅ローンの借換に利用できるようになっており、返済期間を35年からこれまで返済をした年数を差し引いた期間に設定することも可能となています。
返済期間が長くなりますと、余分に金利を支払っていかなければなりませんが、フラット35に借換をした場合は、毎月の返済額の支払いを少なくすることができます。
毎月の返済額の負担を軽くする借換では、返済期間を延ばすことになるため、支払い総額が大きくなってしまうというデメリットがあります。
このため、返済総額のバランスを考えながら返済期間を設定しなければなりりません。
また、すべての金融機関でフラット35を取り扱っているわけではありませんので、フラット35への借換をしたいときは取り扱っている金融機関をまず探す必要があります。
フラット35金利一覧!2017年4月の最安金利は?【銀行比較】