生命保険は遺された家族を守る?

家計を支えている人に万一のことがあると遺された家族は生活を維持することが困難になってしまう場合があります。
そのため、多くの人が生命保険に加入しています。
必要な保険金額は家族構成や貯蓄の状況などによって異なります。
配偶者の所得によっても異なってきます。
子供の養育責任がある場合には、万一のことがあっても、子供が大学を卒業するまでの学費や生活費を賄えるだけの保険金額を設定することが理想です。
保険料が高額になるので、そこまでの保障を得るのは困難だという場合であっても、当面の生活に困窮しないだけの保障は確保しておく必要があります。
健康で普通に生活している人が突然の不幸に見舞われることもあり得ないことではありません。
そのような事態に備えるのが生命保険なのです。
生命保険は年齢が若いほど保険料が安いので、結婚や出産などのタイミングで早めに加入することが得策です。
病気になってしまって加入できなくなることもあるからです。